除毛クリームでの自己処理は入浴時がおすすめ!自分に合った商品を見つけよう

ムダ毛の自己処理でも比較的よく行われている方法の一つに、除毛クリームを使ったものがあります。
この除毛クリームの商品は本当にたくさんあり、どれを使ったらいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

ここでは、

  • 除毛クリームの正しい使い方は?
  • 肌に与える影響は?
  • おすすめのクリームはどれ?

そんな疑問にお答えします。

除毛クリームを使うのは入浴時がおすすめ!

クリームを洗い流すことや、体を温めて毛穴を開いておくほうが効果的であることを考えると、お風呂場でのムダ毛処理がおすすめです。

除毛クリームの使い方

  1. 肌を温めて毛穴を開く(例:湯船に15分程度つかる)
  2. 水分をしっかり拭き取る
  3. クリームを塗り暫く放置
  4. 時間になったらクリームを拭き取る
  5. シャワーで洗い流す

※使用方法・放置時間などは、商品の説明に従ってください。

パッチテストは必須事項!

除毛クリームには、たんばく質に作用するアルカリ性の成分が含まれています。
それを肌に塗って毛を溶かすことで除毛できますが、中には配合成分が肌質に合わず、ヘタをすると炎症を起こしてしまうケースもあります。
そんな肌トラブルを避けるためにも、あらかじめパッチテストを行います。
特に敏感肌などの肌質に心配がある人は必須事項です。
またクリーム独特の臭いに敏感な人も、ここで確認しておくとよいでしょう。

除毛クリームでの処理は「ムダ毛が目立ちにくい」!

除毛クリームの一番のメリットは、毛穴の少し奥まで毛を溶かすことができる点です。
表面に出ているところだけ剃り落とすカミソリ処理よりも、キレイに仕上げられます。
また毛を溶かしたことによって毛先が丸くなっているので、再び生えてくる時に感じやすいチクチクした感じや太くて濃い印象も、カミソリ処理に比べて少なくて済みます。

オススメの除毛クリームをご紹介します!

パイナップル豆乳除毛クリーム(鈴木ハーブ研究所)

ハーブエキス7種類の植物由来成分の、肌にやさしい成分が入っている除毛クリームです。
除毛しながらスキンケアもでき、デリケート肌にも配慮されています。
公式サイトのほか、Amazonや楽天からも購入することができます。

ヴィートバスタイム脱毛クリーム(Veet)

このシリーズは4種類あり、

  • 肌の潤いが気になる人向け
  • しっかり除毛したい人向け
  • 敏感肌向け

など個人差に合わせて選ぶことができます。
身近なドラッグストアなどで、お手頃価格で買えることから人気のある商品です。

メリット・デメリットを上手に見分けて

除毛クリームの選び方は、肌質に合うかどうかが大事です。
特にトラブルに見舞われやすい肌質の人は、これがデメリットになるので、配合成分を意識した商品選びを心がけるようにしましょう。