毛抜き(ピンセット)で毛を抜くのが自己処理で一番きれい!でも肌への負担が心配

「毛抜き」は、ムダ毛の自己処理アイテムとしては、比較的ポピュラーなものです。
実は、「家に毛抜き(ピンセット)が常備されている」「毛抜きで毛を抜いたことがある」という人も少なくないのでは。
ですがこの処理方法、肌にかなりの負担がかかることでも知られています。

ここでは、

  • 肌にどんな負担がかかるのか
  • 毛抜きを使うときの注意点

この2点について主に触れていきます。

毛抜きでの自己処理は、肌トラブルに見舞われやすい!

毛抜きでのムダ毛処理は、カミソリやシェーバーでの処理のように毛の表面だけを剃るのではなく、毛穴の根元から“引っこ抜く”形になります。
再び毛が生えてくるまでの期間が長いというメリットの反面、「毛を無理やり抜いた」とも言えるため、抜いた後の肌ケアをしっかりしないと、埋没毛や炎症などの肌トラブルに見舞われるデメリットも抱えています。

埋没毛は、肌トラブルの悪循環!

毛を抜いたことで、毛穴周辺が炎症や出血を起こすことがあります。それが治る段階で毛穴が皮膚で塞がれてしまい、再び生えてきた毛が皮膚下で伸び続けてしまうのが「埋没毛(埋もれ毛)」です。
この埋もれた毛は表皮から肉眼で見えるので、気になって無理にほじくり出してしまう人もいるのですが、そこがまた埋没毛の繰り返しになるケースや、毛嚢炎など肌の炎症を起こすといった悪循環の結果、いずれは色素沈着を起こす原因となることがあります。

毛抜きはこう使う!(おすすめの処理方法)

おすすめはステンレス製

まず毛抜きの素材は金属製、特にステンレス製がおすすめです。
ステンレスは耐久性が高く、劣化もしにくく、医療現場でも使われている素材です。

処理するなら風呂上がり

湯船につかるなどで肌を温めると毛穴が開くので、毛抜きがしやすくなり、肌への負担を少しは減らすことができます。
とはいえ、やはり肌がダメージを受けることに変わりはありません。処理した後は肌の冷却と、保湿クリームを塗るなどの肌ケアは必ず行ってください。

毛抜き処理の常用は避けよう!

以上、肌への大きな負担を考えると、

  • 肌がデリケートな部位には使わないほうがいい
  • 自己処理での常用は避けたほうがいい
  • 処理後の肌ケアは必須である

ということがわかります。
この方法は、「どうしても、いま抜かないと困る」という時だけ使うようにするのが無難です。